×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

妙高山周辺から見る妙高山

妙高山は複数の外輪山に囲まれ、中央火口丘が南北に細長いため、見る場所によって形や印象が大きく変わります。
妙高山の見え方の分類を独断と偏見で以下のように行いました。

大倉山の稜線から見える
 旧能生町・旧名立町から見る妙高山を参照。
 参照)不動山からの妙高山しろうと山ヤさん
神奈山と大倉山の間から見える
 大毛無山の麓の西野谷・岡沢・菅沼などの地域、上越平野の西部、直江津付近からはこの形で見えます。
神奈山の背後に見える
 旧新井市(現妙高市)から上越市・旧柿崎町など高田平野の大部分から見る形です。
神奈山と前山の間から見える
 旧妙高村・旧中郷村から見る妙高山の形。
 日本百名山で知られる深田久弥が「一番みごとなのは関山付近から見た姿であろう」と書いていますが、出回っている妙高山の写真ではなかなか見られません。
前山の背後に見える
 旧妙高高原町・妙高パインバレースキー場などから見る形です。
 前山が名前通りに妙高山の真前に位置します。
 野沢温泉などからもこのように見えます。
前山と赤倉山の間に見える
 いもり池や野尻湖などから見える妙高山で、おそらくここから見た妙高山が一番広く知れ渡っています。
赤倉山の稜線の背後に見える(中央火口丘の東のガケ斜面が見える)
 長野県信濃町・旧牟礼村・長野市・須坂市などから見えます
 赤倉山の荒々しい岩肌やギザギザした山頂部が手前になり、崖の多い妙高山の東斜面が正面になるので険しく感じます。
三田原山の稜線の背後に見える(中央火口丘ののガケ東斜面が見えない)
 三田原山の長い稜線の上に妙高山が顔を出す見え方。
 北アルプスなど山から見える地域はたくさんあるが、町や村からだと松本付近からはこの形で見えます。
 松本付近から見る妙高山を参照。
地図準備中






戻る