×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

松本盆地の町や村から見る妙高山

北アルプスの麓の町や村から妙高山が見える領域は意外に広いです。
ただ、西側に主役となる大きな北アルプスが聳え、北東に小さくしか見えないので、かなりマニアックな展望です。

穂高町安曇野市である。

▼松本市近辺で妙高山の見える領域(紫色の部分)

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)及び
数値地図50mメッシュ(標高)を使用しました。 (承認番号 平20業使、第430号)

▼波田町

波田町から妙高山までの距離は約80km。
そう遠くはないですが、予想以上に小さく見えました。
中央の一番目立つのが高妻山。妙高山はその右に小さく見えます。
残念ながら火打山の山頂は見えません。
波田町の住宅街からも見えるが、建物や電線で隠れやすいので、郊外の田園地帯から撮影しました。


▼塩尻市

塩尻市からは聖山のゆるやかな山頂部に頭だけをだす
妙高山が見えます。
マニアックな展望です。



▼朝日村

朝日村からの妙高山。距離は約86km。
反対側には妙高山と同程度の標高の鉢盛山が間近にみえます。



▼山形村

山形村から見た妙高山。


▼松本市(倭橋付近)

松本市の市街地からは見えませんが、西に進むと見えるポイントがあります。
梓川ごしに妙高山を撮影することも可能です。


▼安曇野市(旧穂高町)穂高大橋北

安曇野市から見た妙高山。
国道147号を白馬方面に進んでいると旧穂高町内に入ると見えなくなりますが、
が、少し西に進むと旧穂高町内でも見える場所がありました。


戻る